Site Loader

医療レーザー脱毛は、毛の色である「黒いメラニン色素」に反応する波長が用いられています。

レーザー光線を照射すると、毛根部分のメラニン色素に反応し熱が発生します。その熱によって、毛を成長させる毛乳頭が破壊され、新たな毛が生えなくなります。

その際、脱毛用のレーザー光線は黒い毛のみに作用し、表皮や周辺の細胞を傷つけません。

周囲の皮膚を傷つけず、毛根のみを破壊するので、皮膚へのダメージが非常に少なく、安全で確実な脱毛法です。

Screenshot of kidohifuka.com

ゆりな

”脱毛記録帳”の作成者

中村ゆりな(Yurina)

1992年11月2日 新潟生まれ、東京育ち、現住まい新潟。

元は脱毛に興味があり、サロンで働いていたが、ネイルにはまってしまい、海外での修行を経て、現在はネイリストとして働いている。

前職の脱毛知識を生かそうとブログを開始。

現住まい⇒新潟市中央区上大川前通七番町1230-7

お問合せ⇒infoアットマークnew-skyliner.jp