都営地下鉄 浅草線とは?路線図の詳細と運賃一覧

都営地下鉄 浅草線とは?路線図の詳細と運賃一覧

都営地下鉄「浅草線」とは、東京都心部の地下鉄路線です。

「都営浅草線」という名称で親しまれていますが、東京メトロと系列は別になります。

「都営」と銘打たれていることもあり、どのような特徴があるのかが気になるところですが、今回はその中でも「都営地下鉄浅草線とは」、「都営地下鉄浅草線の路線図の詳細」そして「都営地下鉄浅草線の運賃一覧」について説明いたします。

都営地下鉄浅草線とは?

浅草線を含む「都営地下鉄」とは、東京メトロとは運営母体が異なっています。

東京メトロが民間企業運営の地下鉄であることに対して、都営地下鉄は東京都交通局が運営する地下鉄となっています。
都営地下鉄の路線は「浅草線」をはじめ、2018年時点では「新宿線」「三田線」「大江戸線」の全4種類の路線があります。

浅草線は、その名の通りに「浅草」を中心とした、隅田川流域に広がるオフィス街や住宅街の地下を走っています。
本線は、東京都大田区の「西馬込」駅から、同じく東京都は墨田区の「押上」駅までを結んでいます。

また、JRや各私鉄との直結運行も行われており、南は京急電鉄で神奈川県三浦市の「三崎口」駅、東は京成電鉄から北総鉄道の「印旛日本医大」駅までをつなぐ長距離路線となっています。

空港利用者にとっても、京成電鉄との乗入効果である成田空港へのスカイライナーや、京急電鉄での羽田空港への直通もあるため、大変利便性の良い路線となっています。

下町情緒あふれる街並みにとって、JRや京成電鉄から少し離れた場所の重要なアクセスとなっています。

近年は、国内旅行者のみならず、海外からの旅行者もスカイツリーや浅草などのスポットを訪れる機会が増えています。
各観光名所をつなぐ路線としても、都営地下鉄浅草線のニーズは高まりを見せています。

都営地下鉄浅草線の路線図について


都営地下鉄と東京メトロは、系列は異なっても同じ「地下鉄」ということから、路線図では「地下鉄の複合路線図」として取り扱われています。

これは、地下鉄のみならずJRなどへの乗換をわかりやすくするためのものです。

各路線は初期の車体のイメージカラーに基づいて色分けされているため、見やすさがあります。
都営地下鉄浅草線は、路線図ではピンク色で表示されています。

そのため、「ピンクの路線図」といえば「都営地下鉄浅草線」というイメージが出てくるので、路線図の中でも見つけやすくなります。
都営地下鉄浅草線のみの路線図は、駅構内で見かけるものと同じものを「東京都交通局」の「都営地下鉄」メニューから各路線の「停車駅」で確認することができます。

停車駅や各駅間の所要時間、乗換可能な路線情報が紹介もされています。

また、東京メトロとの複合路線図も、同ホームページの「路線図」から確認することができます。
都営地下鉄浅草線から直通運転を行っている京成電鉄や京急電鉄などを含めた路線図は、同ホームページの「相互直通運転」で確認することができます。

都営地下鉄浅草線の運賃一覧


都営地下鉄浅草線の運賃は、区間距離ごとに異なってきます。

「東京都交通局」のホームページから「都営地下鉄」のメニューに入ると、「運賃・乗車券・定期券」の項目があります。
大人きっぷであれば、乗車駅から1キロから4キロ区間は180円、5キロから9キロ区間は220円、10キロから15キロ区間は270円となります。

また、乗車駅から下車駅までの距離は、同じ「運賃・乗車券・定期券」項目の一覧表の「浅草線キロ程表」をクリックすると確認することができます。
たとえば、新橋駅から浅草駅までは6.3キロです。

これを区間ごとの運賃一覧で確認すると、大人で220円、小児で110円の運賃になることがわかります。

以上が、都営地下鉄浅草線の詳細、都営地下鉄浅草線の路線図、運賃一覧の見方の詳細になります。
都営地下鉄は、東京メトロとのコラボレーションとして共通の「一日券」を発売するなど、今後の更なるアクセスの利便性を高めるための工夫に力を注いでいます。
経営団体の区別なく、東京都心部の地下鉄として親しまれ、愛され続けている都営地下鉄であればこそ、こうした各所を結ぶアクセスの発展につながっていると言えます。

また、アクセスの利便性の発展は、新たな観光名所を作り出す原動力にもなっています。

海外からの旅行者には、江戸時代からの下町情緒にひかれて隅田川流域を訪れている人が年々増えてきています。
華やかなショッピングモールひしめく繁華街とはまた異なった「和」の雰囲気が、都営地下鉄浅草線と共に育まれています。
直結路線の行き先に羽田空港や成田空港が含まれていることも、海外からの旅行者を招くポイントとなっています。

2020年の東京オリンピック開催に向けて、今後ますます都営地下鉄浅草線へのニーズと期待が高まりを見せ、新たな歴史のページが刻まれてゆきます。