Site Loader

濃いヒゲに悩まされている男性たちにその手軽さから大人気のゼロファクターシリーズ。

毎日の髭剃りのビフォーローションとアフターローションをゼロファクターに変えるだけで、濃かったヒゲが薄くなってくる、

ヒゲが生えてくる周期を徐々に遅くしてヒゲ処理の負担を軽くするなどの効果が期待できる抑毛剤です。

 

抑毛剤ってどんな効果があるの?

抑毛剤には、塗ってすぐに表面の毛を溶かす脱毛剤や医療脱毛のような即効性はありません。

毛が生えるメカニズムに働きかけて塗り続けることで徐々に毛を細くしたりする効果が得られるものです。

効果が出るまでにはある程度の期間を見る必要があります。

毛周期という毛の生え変わりのサイクルを考えると少なくとも2か月~3か月は見た方がよいでしょう。

もし「今すぐにヒゲをなくしてツルツルの肌を手に入れたい!」というのであれば、医療脱毛やエステ脱毛をされることを強くおすすめします。

脱毛剤は刺激が強すぎるので顔に使用できる商品はないと思います。

大抵の脱毛剤には顔への使用は控えるよう注意書きがあるはずなので見てみてください。

その点、ゼロファクターはあくまでも抑毛剤なので即効性はありませんが顔にも使えるし、肌に優しい成分が使われていて安心だというのが人気の理由の一つです。

 

ゼロファクターの抑毛理論とは

ゼロファクターの人気商品はプレケア用の「5αSPシェイブジェル」アフターケア用の「5αSPローション」などがあり、毎日の髭剃りでのお手入れ時、ゼロファクターを使い続けるだけでヒゲが薄くなっていくとそのお手軽さから濃いヒゲに悩まされている男性たちに20年以上も支持され続けています。

ゼロファクターはヒゲの発毛理論に着目し、開発されてきた商品です。

ヒゲの濃さの原因となる強力な男性ホルモン物質『ジヒドロテストロン』は、男性ホルモンのテストステロンと体内にある『5αリダクターゼ』という酵素が結合した時に生成されます。

男性ホルモンは男らしくたくましい骨格や筋肉、性機能を高める身体の中の大事な要素です。

そこで心身に欠かせない大切な要素であるテストステロンの方ではなく、ジビドロテストロン生成の因子となる『5αリダクターゼ』の方にに着目しました。

テストステロンの量はそんなに個人差がないのですが5αリダクターゼの分泌量はかなり遺伝により左右されます。

5αリダクターゼの分泌量が多ければ多いほどジビドロテストロンの生成量も多くなります。

そこでゼロファクターはこの5αリダクターゼの分泌を阻害することでジビドロテストロンの生成量を抑えヒゲの発生をも抑えるという研究と商品開発を続けてきました。

ゼロファクターに5αリダクターを抑える効果があるというダイズ・ザクロ・ガウクルア・パパイン・ジオウ・チョウジ・オウゴン・サンショウ・ヒオウギ・アロエ・パシェンベなどといった抑毛成分が肌の角質層から毛穴の奥深くまで素早く深く浸透するようにナノ化してたっぷり配合されていて「シェービング後の肌の鎮静」「毛穴を引き締め」「肌にうるおいを与える保湿」といった効果を最大限発揮することができます。また肌に優しい天然由来成分が使われているのでどんな肌タイプの人でも安心して使えます。

最初の販売から約20年。今では販売実績は180万本を超えるベストセラー商品となっています。

 

ゼロファクターは定期購入がおすすめ!解約も電話一本で簡単!

ゼロファクターが購入できるのはAmazonか公式通販サイトになります。

その中でゼロファクターを最安値で購入したい場合は公式通販サイトの超得お試し継続コースという定期便での購入が最安値になります。

「5αSPローション」の場合ですと、初回限定特典¥980で2回目以降は33%引きの¥6000で購入できるので継続して使うのならば断然定期便での購入がお得ということになります。

しかし、こちらは効果を最大限に体験してもらいたいという意向から3回以上の利用が前提条件となった割引となっているため、初回利用のみでの解約はできません。

「解約できない」なんて言われると急に不安になりますね。でも安心してください。「3回以上の利用が前提条件」となっています。

1本使うのに1か月かかったとして3か月。そろそろ効果が感じられる頃でしょう。効果が出てきたから少し到着日の間隔をずらしたいなとか

あまり効果が感じられなかったからやっぱり解約したいなとか思ったら電話一本で変更や解約の手続きをとることができます。

メールでなくて電話というのは面倒くさいかもしれませんが、メールだと迷惑フィルタに引っかかったりしてお互いにメールが届かなかったりするようなトラブルも想定されますし、悲しいことに本当は解約申し入れのメールが届いているのに届いていない振りをして解約させないように引き延ばすような悪徳業者も居るのです。

そういったトラブルも防ぐ意味でも直接対話できる電話一本で手続きが完了するというのは良心的だと言えるのではないでしょうか。

 

定期便は到着日を把握しておくことが大事!

ひとつだけ注意しなければならないのは、解約や休止の申し入れのタイミングです。

定期便というのは毎月商品が送られてきてその商品代金を支払うシステムになっていますので、商品が発送されてしまってから解約したいと申し出をしても発送されてしまった商品についての解約は成立せず、次に発送される商品の分から解約が適用されることになります。

例えば3回利用した(届いた)後、4回目は解約しようかなと思った場合は、4回目のゼロファクターが発送がされる前に解約申し入れの電話をしないと4回目の解約に間に合わず、4回目のゼロファクターが届いてしまうことになります。その場合届いたゼロファクターは返品はできず、代金も発生してしまうので気をつけてください。

ただしその場合も決して解約ができないわけではありません。あくまでも4回目の解約には間に合わないだけで、5回目からの解約成立となり、5回目のゼロファクターが届くことも料金が発生することもありませんということのでご安心ください。

ちなみに定期購入の場合、毎月お届け日が決まっているため、発送する日も決まっています。発送日は大体商品が届く10日前とのことなので、

決まっている到着日の10日前までに解約の電話をいれれば大丈夫なわけです。定期便購入の際は、お届け日だけはきちんと把握しておくように気を付けてくださいね。

その辺りの詳しいことは規約に明文化されているはずなので、購入前に必ず目を通して把握してから納得してから購入することも大切ですね。

 

 

Anna