阪急電鉄の運行状況は?電車の時刻表と運賃(料金表)が知りたい!

阪急電鉄の運行状況は?電車の時刻表と運賃(料金表)が知りたい!

阪急電鉄とは?

阪急電鉄は京阪神間に神戸、宝塚、京都の3本線と付属の甲陽と伊丹と今津、箕面と千里と嵐山の各支線を組み合わせた大手の私鉄です。
阪急の創業は1910年に箕面電気鉄道として現在の宝塚と箕面線を開業したのが最初で、その後は1918年に阪神急行電鉄株式会社へ名称を変更し、それを略称して阪急と呼ばれるようになったといわれています。
この時代に神戸線や伊丹線を開業するなど阪神間へ進出しています。当時の経営の最高責任者は創業者の小林一三氏で鉄道の路線拡大とともに沿線各地に宝塚劇場や温泉などの多角化経営を推し進めていました。
一方で京都線は新京阪鉄道による開業、千里線は北大阪電気鉄道による開業のため当時の阪急ではありませんでした。
しかし第二次世界大戦となると戦時中の国策により当時の阪急と京阪などは統合経営となり、京阪神急行電鉄となりました。
戦後になると再び阪急と京阪に分離されることになりますが、その際に現在の京都線や千里線などは役員会議の決定で阪急に帰属することになりました。
1973年になって社名は正式に阪急電鉄株式会社となり現在に至ります。

結果的に現在の路線図は梅田駅を南端としてそこから神戸と宝塚と京都線が3複線として十三まで延びていて、そこから神戸線は西へ、宝塚線は北西へ、京都線は東へ延びています。これが阪急の路線の核となり、そこへ支線が枝のように付け足されています。
今津線は宝塚から神戸線途中の西宮北口まで南北を接続しますが、同駅で列車が分断されてるため、ここまでを北として扱い、そこから阪神線へ接続する路線は南として扱われます。
千里線は京都線の途中の淡路に接続して、そこから南北へ延びています。
南へ延びてる千里線は地下鉄堺筋線へと直通します。
残りの路線は行き止まりの短距離路線となります。

阪急電鉄のレール幅は現在はすべてが1435㎜軌間で架線電圧はすべて直流1500ボルトで統一されています。
しかし神戸と宝塚線系統に対して京都線系統は車体の規格がやや異なっています。
車体の長さは神戸と宝塚線系統は19メートルに対して京都線系統は18.9メートルとなってます。
京都線系統の車体の長さが10センチ短いのは大阪地下鉄堺筋線がそれで開業させ、そこへ相互直通運転をするためです。
一方で車体幅は京都線系統は最大で2850㎜に対して神戸宝塚線系統では10センチ狭い2750㎜ほどとなってます。
そのため京都線の車両が神戸や宝塚線系統へは入ることができません。

その阪急電鉄の車両は基本的に車体色がマルーンで統一されています。
マルーンは赤と黒を混ぜた混合色で阪急の場合は黒がやや強くなってます。
しかし世間ではマルーンとは呼ばれず、チョコレート色とかこげ茶色と表現されています。
すべての車両がこのマルーンで塗装されていてステンレス素材の車体は未だ存在していません。

阪急電鉄の運行状況について

阪急電鉄の運行状況は阪急電鉄の公式ホームページの運行情報で告知されています。
運行状況で告知されるのは20分以上遅れた場合と運休している場合または事前運休予告する場合となり、それ以外の場合はホームページでは告知されません。
なお阪急では公式ツイッターはありますが、そこではPR情報などが主で運行状況は告知していません。

阪急電鉄の時刻表と停車駅について

阪急電鉄は各路線によってそれぞれ運転される時刻と列車体系が異なります。
神戸線の場合は昼間時間帯は特急と普通の2種類だけとなり、それぞれが10分間隔で運転されます。
特急の途中停車駅は十三、西宮北口、夙川、岡本、神戸三宮で、そこから新開地までは各駅に停車します。
普通は昼間時間帯は神戸三宮までの運転で西宮北口で後から来た特急と接続し、そのあとは終点まで逃げ切ります。
朝夕は特急と普通以外に急行や通勤急行なども運転されます。

支線の甲陽線と伊丹線と今津南線と今津北線は昼間時間帯は普通だけで10分間隔で運転されます。
今津北線の場合は平日朝時間帯は梅田直通の準急が運転されていて、その場合は線路配線の関係で西宮北口は停車しません。

宝塚線は昼間時間帯は急行と普通だけの運転で、これも10分間隔での運転となります。
普通は宝塚まで行かずに途中の雲雀丘花屋敷までの運転です。
急行の途中停車駅は十三と豊中で、そこから先は宝塚まで各駅に停車します。
朝夕は準急や能勢電鉄直通の特急日生エクスプレスなども運転されます。

支線の伊丹線は昼間時間帯は普通だけが線内運転で10分間隔で運転されます。

京都線は昼間時間帯は特急と準急と普通の3種類が運転されます。
特急の途中停車駅は十三、淡路、茨木市、高槻市、長岡天神、桂、烏丸です。
途中の茨木市と高槻市と桂で普通または準急と接続します。
準急は途中の十三と淡路、上新庄と南茨木、茨木市と高槻市に停車し、そこから先は各駅に停車します。

普通は梅田始発と地下鉄堺筋線の天下茶屋始発の2種類があります。
梅田始発の場合は高槻市行きと北千里行きが交互に運転されています。
同様に地下鉄堺筋線から来た列車も高槻市行きと北千里行きが交互に運転されていて、途中の淡路駅で梅田始発と地下鉄始発の普通同士が接続しています。
朝夕になると快速急行や快速、準急が堺筋線へ直通する堺筋準急などほ他の列車種別も登場します。
また土休日では昼間時間帯に観光目的としてる京とれいんと名乗る快速特急や臨時に神戸線などから直通する列車なども存在しています。

千里線は昼間時間帯は普通だけが10分間隔で運転されますが、梅田-北千里と天下茶屋-北千里と天下茶屋-高槻市が淡路で相互接続するので結果的にそれぞれが20分間隔で運転されます。

嵐山線は普通だけ線内運転ですが、他線と違って12分と18分間隔が繰り返されるダイヤとなっています。

阪急電鉄の運賃(料金)表一覧

阪急電鉄の列車はすべて乗車券だけで乗車可能であり、特急券や座席指定券などの料金券は存在しません。
乗車券の運賃は距離制となっていて、11段階に区分されています。

最小運賃は初乗りから4キロまでの区間で150円となり、次に高いのが5キロから9キロまでが190円となります。
以降は10キロから14キロまでが220円、15から19キロが270円、20から26キロが280円、27から33キロが320円、34から42キロが370円、43から51キロまでが400円となります。
52から60キロは470円、61から70キロまでが530円となり、最大は71から76キロまでの620円となります。

なお神戸三宮以西や天神橋六丁目以南の区間も券売機で発売されますが、神戸三宮駅以西は神戸高速鉄道や山陽電車の他社線、天神橋六丁目駅から南は大阪地下鉄線となるため別途他社線料金が加算されます。
阪急では現在はすべての駅でICカード対応となっていますが、東日本各社のようにICカードでは1円単位とならず、切符と同じ10円単位で処理されます。