都営地下鉄 大江戸線の路線図・運賃の詳細をご紹介します

都営地下鉄 大江戸線の路線図・運賃の詳細をご紹介します

都営地下鉄大江戸線とは?

『都営地下鉄大江戸線』は、東京都交通局(本社所在地・東京都新宿区西新宿2丁目8番1号 東京都庁第二本庁舎内)が運営する鉄輸式・リニアインダクションモーター推進方式(リニアモーターで駆動し浮上しないで鉄輸で走る)を採用した鉄道路線(都営地下鉄)です。

採用しているリニアインダクションモーター推進方式は、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線に次いで、都営地下鉄大江戸線が日本で2番目です。都営地下鉄の路線の中では唯一、他社路線との直通運転をしない路線です。

1991(平成3)12月10日に「都営12号線」として、「光が丘駅」から「練馬駅」間が開業し、2000(平成12)年12月12日に「国立競技場駅」-「六本木駅」-「大門駅」-「両国駅」-「飯田橋駅」-「都庁前駅」が開通し、全線開業しました。なお、「汐留駅」については、再開発中だった為、2002(平成14)年11月に開業しています。

運行当初は、都市計画路線名である「12号線」という名称をそのまま使用して運行・営業していましたが、公募を行い、「東京環状線」(愛称は「ゆめもぐら」)という名称になりました。しかし、「東京環状線」という名称決定後、当時の東京都知事から意見があり、最終的に1999(平成11)年12月、「大江戸線」という名称に決定したという経緯があります。

都営地下鉄大江戸線は、全長40.7kim、駅数は38駅です。駅数については、日本の地下鉄駅数の中で最も多いです。

都営地下鉄大江戸線の停車駅は、「新宿西口駅」・「東新宿駅」・「若松河田駅」・「牛込柳町駅」・「牛込神楽坂駅」・「飯田橋駅」・「春日駅」・「本郷三丁目駅」・「上野御徒町駅」・「新御徒町駅」・「蔵前駅」・「両国駅」・「森下駅」・「清澄白河駅」・「門前仲町駅」・「月島駅」・「勝どき駅」・「築地市場駅」・「汐留駅」・「大門駅」・「赤羽橋駅」・「麻布十番駅」・「六本木駅」・「青山一丁目駅」・「国立競技場駅」・「代々木駅」・「新宿駅」・「都庁前駅」・「西新宿五丁目駅」・「中野坂上駅」・「東中野駅」・「中井駅」・「落合南長崎駅」・「新江古田駅」・「練馬駅」・「豊島園駅」・「練馬春日町駅」・「光が丘駅」の全38駅です。

「飯田橋駅」・「上野御徒町駅」・「両国駅」・「門前仲町駅」方面を利用する場合は、JR新宿駅西口出口から大江戸線のりばの案内標識を見ていく方向にある、『[E01]新宿西口駅』から乗車すると便利です。

また、「青山一丁目駅」・「六本木駅」・「大門駅」・「築地市場駅」方面を利用する場合は、JR新宿駅南口出口から大江戸線のりばの案内標識を見ていく方向にある、『[E27]新宿駅』から乗車すると便利です。

都営地下鉄大江戸線の路線図について

出典:こてこむ

都営地下鉄大江戸線は、東京都新宿区の都庁前駅を基点として、練馬区の光が丘駅から都庁前駅までを放射状に結び、都庁前駅からは、六本木駅や上野駅等々の東京都内の主要な駅を経由し、再度都庁前駅に戻る形です。環状部分は、山手線のようにエンドレスで回り続ける構造ではなく、数字の6の形になっていて、都庁前駅での折り返し運転になっています。

『都営地下鉄大江戸線の路線図』については、東京都交通局公式ホームページにて確認することができます。各路線の情報が掲載されているので、その中から「大江戸線」を選択すると、大江戸線の路線図を確認することができます。

なお、さらに「路線図」を選択すると、地下鉄全体の路線図をPDFファイルで確認することができ、印刷することも可能です。

また、Yahoo!の路線情報やNAVITIME、Mapion 等々でも大江戸線の路線図を確認することができます。

都営地下鉄大江戸線の運賃について


都営地下鉄の運賃は、駅間の距離等によって運賃が決まっています。(1キロ未満の端数は1キロ単位に切り上げになります。)

1キロから4キロまでは、切符の場合は大人180円・小児90円、ICカードの場合は大人174円・小児87円です。
5キロから9キロまでは、切符の場合は大人220円・小児110円、ICカードの場合は大人216円・小児108円です。
10キロから15キロまでは、切符の場合は大人270円・小児140円、ICカードの場合は大人267円・小児133円です。
16キロから21キロまでは、切符の場合は大人320円・小児160円、ICカードの場合は大人319円・小児159円です。
22キロから27キロまでは、切符の場合は大人370円・小児190円、ICカードの場合は大人370円・小児185円です。
28キロから46キロまでは、切符の場合は大人430円・小児220円、ICカードの場合は大人422円・小児211円です。

なお、東京都交通局公式ホームページにて「大江戸線キロ程表」というものがあり、それで距離を確認することができます。
「幼児」については、大人又は小児に同伴する場合は2人まで無料になります。ただし、幼児3人目から、または幼児のみで乗車する場合は小児運賃が必要になりますので注意が必要です。

また、東京都交通局公式ホームページサイト内には、「運賃・経路・所要時間検索」というものがあります。
乗車駅・降車駅を、プルダウンメニューからもしくは路線図から入力し、検索すると、「通勤・通学の定期運賃(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月)」と「大人・小児の切符とICカード運賃」、そして「所要時間」を確認することができます。