新幹線空席・空き状況の照会の仕方と指定席の予約状況の確認方法をご紹介!

新幹線空席・空き状況の照会の仕方と指定席の予約状況の確認方法をご紹介!

旅行や出張などで新幹線を利用する機会は非常に多いものです。
そんな時に気になるのが、空席状況です。

たとえば、「急に出張が入ったので、急いで新幹線の予約を取りたい」という場合、今からでも間に合うのかどうかが気になるところです。
そんな時に備えて、今回は「新幹線の空席情報」「空席の予約」「空席・空き状況の照会の仕方」「指定席の予約状況を知る方法」の4点について、ご紹介いたします。

新幹線の空席の情報 について

新幹線の空席情報の利用目的は、大きく分けて2つに分けられます。
1つ目は、自分が乗りたい時間帯の新幹線に空席があるかどうかです。

2つ目は、どの時間帯の新幹線に乗ればいいか、空席情報を見て決めるためです。
新幹線の窓口や改札口に、大きな電光掲示板があります。

そこには発車する新幹線の時刻と車両名、行き先と並んで、指定席とグリーン車の「空席に余裕あり」「空席少ない」「満席」の3つを表す記号が表示されています。

それが、新幹線の空席情報です。
自由席については混雑具合の把握が難しいため、情報提供は指定のみになります。

新幹線の空席に予約をしたい!

新幹線の空席に予約をするには、指定席またはグリーン車か、自由席かによって少し方法が異なります。

もしも「自由席でもいいので乗りたい時刻の新幹線に乗りたい」のであれば、乗車券と特急券を購入するだけで可能です。その際は、指定席ではないので、自由席の特急券の購入になります。

指定席またはグリーン車の場合は、駅の券売機や窓口の場合は、乗車券として異様の特急券を購入することで予約をすることになりますので、同時に座席指定も申し込めて安心です。

なんと言っても、その場で空席状況を確認して予約購入できることに強みがあります。
シーズンや連休の状況によっては、たとえ数分前に空席状況を確認しても、いざ窓口で申し込みとなると満席になってしまうこともありますので、早めの予約購入が一番です。

新幹線空席・空き状況の照会の仕方は?

新幹線の空席・空き状況は、空席情報を各指定車両の座席ごとに詳細表示したものになります。
JRの新幹線や特急専用の券売機で予約購入をする際に、「どの車両の、何列目の、どの座席」が空いているかを表示してくれます。

自分で車両の中の座席をタッチして選択することもできますし、「窓側の席を選ぶ」「通路側の席を選ぶ」などを設定することで、どの座席が空いているかを知らせてくれますので、その情報に基づいて座席を選ぶこともできます。

しかし、駅まで行く余裕がない場合は、そうも言っていられません。
もしもパソコンやスマートフォンなどの携帯で確認が可能でしたら、専用のサイトがいくつかありますので、利用してみると素早く空席情報を知ることができます。

新幹線指定席の予約状況を知るには?

指定席の場合は、窓口での予約購入の際、空席情報と空き状況の照会と同時に確認することができます。
もちろん、予約状況の確認までして、購入はしないでおくというのも可能です。

駅まで行く余裕がない場合は、もしもパソコンやスマートフォンなどの携帯で確認が可能でしたら、専用のサイトがいくつかありますので、利用してみると素早く空席情報を知ることができます。
もちろん、ウェブサイトで空席状況を確認できた後に、同じサイトから予約することもができますが、その場合はウェブサイトへの入会が必要になる場合もありますので、ウェブサイトで確認してみましょう。

以上が、「新幹線の空席情報」「空席の予約」「空席・空き状況の照会の仕方」「指定席の予約状況を知る方法」についてのお話になります。
いかがでしょうか。

新幹線は長距離移動の乗り物のため、何かと空席情報や予約などで手間がかかりそうな印象があるかもしれませんが、実際はこんなにもシンプルなのです。

窓口での紹介や予約はもちろんですが、すぐに駅に行けない人々のためにも、今の時代は様々なウェブサイトがニーズに応じた情報サービスを提供してくれています。
目的に合わせて空席状況や予約ができる方法がありますので、どの方法を取ればスムーズに手続きができるか、色々と試してみるのも良いでしょう。

また、一度経験してみることによって、二度目以降になると手順も分かってきますので、あまり心配することなく新幹線の予約や切符の購入を行うことができます。

もしも、一度予約をしてみて、予定が変わった場合は、窓口で予約を取り消して、新しい予約を取って差し替えてくれることも可能です。

ただし、予約をしていた新幹線に乗れなかった場合は、新たに切符を一部購入し直すことになりますので、そこは注意が必要です。

また、新幹線は走っている区間によってはJRの管轄地域が異なります。
気になることや心配なことがある場合は、窓口か新幹線の管轄地域のJRの担当に問い合わせてみるとよいでしょう。