東海道新幹線の空席状況を知りたい!その予約方法は?

東海道新幹線の空席状況を知りたい!その予約方法は?

東海道新幹線とは?

「東海道新幹線」とは、東京駅から新大阪駅まで515.4kmを結ぶ東海旅客鉄道株式会社(JR東海)(Central Japan Railway Company)(本社所在地・愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1番4号 JRセントラルタワーズ)の高速鉄道路線およびその列車のことです。多くの列車が山陽新幹線に直通する運行体系がとられていることから、総称して「東海道・山陽新幹線」とも呼ばれています。

世界初の高速鉄道で、日本の新幹線として最古の歴史をもちます。1959年に着工し、1964年に開通しました。

東海道新幹線の運行列車は、「のぞみ」・「ひかり」・「こだま」の3種です。

「のぞみ」は1992(平成4)年3月に登場した300系と共に設定された最速達タイプの列車で、運行本数は全体の5割です。
「のぞみ」停車駅は、東京駅・品川駅・新横浜駅・名古屋駅・京都駅・新大阪駅です。

「ひかり」は東海道新幹線開業時から運行している速達タイプの列車です。開業時、東海道・山陽新幹線の主軸列車でしたが、2003(平成15)年の品川駅開業に伴うダイヤ改正以後、「のぞみ」と引き換えに運行本数が全体の2割になり、「のぞみ」の補完的存在の列車になりました。
「ひかり」停車駅は、東京駅・品川駅・新横浜駅・小田原駅・熱海駅・三島駅・静岡駅・浜松駅・豊橋駅・名古屋駅・岐阜羽島駅・米原駅・京都駅・新大阪駅です。ただし、小田原駅・熱海駅・三島駅・豊橋駅については、ひかりの一部列車のみが停車する駅です。

「こだま」は東海道新幹線開業時から運行している各駅停車タイプの列車です。運行本数は全体の3割です。
「こだま」停車駅は、東京駅・品川駅・新横浜駅・小田原駅・熱海駅・三島駅・新富士駅・静岡駅・掛川駅・浜松駅・豊橋駅・三河安城駅・名古屋駅・岐阜羽島駅・米原駅・京都駅・新大阪駅です。

東海道新幹線の空席状況を知る方法


東海道新幹線の空席状況を知る方法は、「JRサイバーステーション(JR CYBER STATION)」というサイト、もしくは「JR東海の公式ホームページ」、そして「JR各駅窓口」にて確認することができます。

JRサイバーステーション(JR CYBER STATION)」では主に、新幹線空席状況・新幹線最新運行状況・新幹線個別状況、を確認することができます。
空席状況確認では、サイト内にて、「乗車月日」・「乗車時刻」・「乗車希望の列車」・「乗車駅・降車駅」を入力し検索します。

空席案内は、毎日6:30-22:30まで照会可能です。空席案内が可能な列車は、確認日当日から1ヶ月後の列車までですが、ちょうど1ヶ月後の列車の空席案内に関しては、毎日10:00から確認が可能になります。検索結果は、検索の操作を行った時点のものですが、駅等にて切符を購入する際には、変更になっている場合もあるので、注意が必要です。

なお、新幹線個室についての空席状況は、「JRサイバーステーション(JR CYBER STATION)」内では確認することができないので、JR各駅窓口にて空席状況を確認する必要があります。
サイトにて空席状況を検索した際に表示される記号は、「○」は空席あり、「△」は空席はありますが残りわずか、「×」は満席、「-」は該当する席がないもしくは予約不可、「*」は喫煙席ではないが喫煙ルームがある列車、となっています。

空席状況は、電話・「JR東海テレフォンセンター」(電話番号・050-3772-3910)でも確認することができます。受付時間は6:00-24:00で、年中無休です。音声ガイダンスにそって、「2」を選択することで確認することができます。

東海道新幹線の予約の仕方とは?


東海道新幹線の予約の仕方は、JR駅のみどりの窓口にて予約・購入する方法と、インターネットで予約・購入する方法があります。
インターネットで予約・購入した場合、状況により、みどりの窓口で購入するよりも安くなる場合もあります。インターネットは、「えきねっと」・「エクスプレス予約」・「スマートEX」・「e5489」・「JR九州インターネット列車予約サービス」等々があります。

「えきねっと」を利用するには会員登録が必要ですが、年会費等々は無料です。会員になることで、えきねっと会員限定の割引きっぷを購入することができます。

「エクスプレス予約」を利用するには、以前は「JR東海エクスプレス・カード」か「JR西日本 J-WESTカード」、「ビューカード」のいずれかのクレジットカードが必要でしたが、2017年9月から、それ以外のクレジットカードにもサービスが開放され、現在は、一般クレジットカードに「エクスプレス特約」を付けることで、エクスプレス予約を利用することが可能です。(プラスEX会員)。入会の際、対象のクレジットカード会社の審査があります。

エクスプレス予約は、1年中いつでも会員価格で指定席を利用することができ、乗車日当日の予約でも会員価格で利用することができます。

「スマートEX」を利用する為には、会員登録が必要ですが、会員登録料は無料です。登録の際には決済用のクレジットカードを登録し、、なた交通系ICカードで新幹線に乗りたい場合は、それもあわせて登録することで使用可能です。