ゆりかもめ 新橋から豊洲間の駅名一覧!所要時間と周辺のおすすめスポットも!

ゆりかもめ 新橋から豊洲間の駅名一覧!所要時間と周辺のおすすめスポットも!

ゆりかもめは、正式名称をゆりかもめ東京臨海新交通臨海線と言い、港区新橋から江東区の豊洲までを結ぶ路線距離14.7㎞の自動案内軌条式旅客輸送システム(いわゆる新交通システム。無人運転などで運行するゴムタイヤを履いた電車と自動車の中間的なシステム)を採用した交通機関です。

今回このゆりかもめの駅名一覧と周辺のおすすめスポットを紹介していきます。

ゆりかもめの駅名一覧

ゆりかもめは、始発となる新橋駅から終点の豊洲駅まで16駅あります。ざっと紹介していくと以下のようになります。

駅ナンバリングが施されており、ゆりかもめの場合は、U-○○と表記されているので、それに従って一覧にしてみます。

・U-01 新橋駅
・U-02 汐留駅
・U-03 竹芝駅
・U-04 日の出駅
・U-05 芝浦ふ頭駅
・U-06 お台場海浜公園駅
・U-07 台場駅
・U-08 船の科学館駅
・U-09 テレコムセンター駅
・U-10 青海駅
・U-11 国際展示場正門駅
・U-12 有明駅
・U-13 有明テニスの森駅
・U-14 市場前駅
・U-15 新豊洲駅
・U-16 豊洲駅

いくつか駅名が似ていますが、それぞれ違いも多いので、あとの項目でおすすめスポットと合わせて紹介していきます。

ゆりかもめ 新橋駅~豊洲駅の所要時間は?

所要時間は、始発の新橋駅から終点豊洲駅までおおよそ30分程度です。その中の各駅の所要時間を新橋駅から何分と言う形でまとめてみます。
・汐留駅(1分)
・竹芝駅(4分)
・日の出駅(6分)
・芝浦駅(7分)
・お台場海浜公園駅(13分)※レインボーブリッジを渡るなど距離があるため
・台場駅(15分)
・船の科学館駅(16分)
・テレコムセンター駅(18分)
・青海駅(20分)
・国際展示場正門駅(22分)
・有明駅(24分)
・有明テニスの森駅(26分)
・市場前駅(28分)
・新豊洲駅(29分)
・豊洲駅(31分)
このように、ほぼ1~2分程度で各駅をつないでいるという形になっており、移動に便利な駅配置になっていると言えます。

ゆりかもめの情報を知るには…

所要時間表や料金表など詳しい情報を知るには、ゆりかもめの公式サイトが便利です。

所要時間表は、トップから時刻表・運行情報、時刻表・終電案内と選んでいくと、PDF形式で時刻表を表の形で見ることができます。

料金表はトップから、運賃・乗車券、運賃と選ぶと表形式で見ることができます。

ゆりかもめの駅周辺情報とおすすめスポット

ここからは、ゆりかもめの各駅の周辺情報とおすすめスポットについてまとめていきます。希望の駅情報の参考になれば幸いです。

新橋駅

始発駅でJRや東京メトロ、東京都交通局の駅も併設されている大規模な駅です。周辺にはたくさんの飲食店街や企業の本社が立っており活気のある駅です。おすすめスポットは、新橋駅前ビルです。ここには、様々な居酒屋や老舗の料理店などの店舗の他、雰囲気が昭和の風情を残しており、東京のレトロな一面を肌で感じることができる(舌で感じることができる)ビルとなっています。

汐留駅

かつては鉄道貨物の一大拠点でしたが、再開発されテレビ局や広告代理店、大手通信会社に航空会社の本社などが集まるビジネス街へと変貌を遂げています。おすすめスポットは汐留シオサイト。様々な商業施設や飲食店が軒を連ね新橋の市街と連結しています。

竹芝駅

東京港に面したエリアが竹芝でゆりかもめ降りると目の前に海が見えます。おすすめスポットは、旧芝離宮恩賜庭園(きゅうしばりきゅうおんしていえん)です。かつては大名屋敷、皇室の離宮、迎賓館として機能し、現在は和風庭園の美しい公園となっています。

日の出駅

東京湾の埋め立て地にあり、ウォータフロントエリアです。おすすめスポットは、日の出桟橋で東京港においてはじめて建設されたふ頭(船などが発着する施設)になります。現在は水上バスやレストラン船の発着施設になっています。

芝浦ふ頭駅

レインボーブリッジに入る前の最後の駅になります。おすすめスポットは、レインボーブリッジ。こちらの駅近くから歩いて渡ることができる歩道(レインボープロムナード)があり、30分程度でお台場まで渡りきることができます。

お台場海浜公園駅

レインボーブリッジを渡った後の最初の駅になります。テレビ局の本社があり、レインボーブリッジや東京タワーを一望できるロケーションでも有名です。沢山の有名スポットがありますが、おすすめはマダム・タッソー東京と言う国内外の著名人の精巧な蝋人形を展示しているスポットです。

台場駅

お台場海浜公園に続く、お台場の観光スポットの最寄り駅です。フランスから認可されたレプリカの自由の女神像を見ることができます。おすすめスポットは、この自由の女神像とレインボーブリッジば見えるエリアです。不思議な景色が楽しめます。

船の科学館駅

東京国際クルーズターミナル駅に変更予定の駅です。ドラマの警察名がそのまま正式名称になった東京湾岸警察署の最寄り駅でも有名です。おすすめスポットは日本科学未来館です。科学を身近に感じてもらえるような体験施設で、大人から子供まで楽しめます。ちなみに駅名の由来となった船の科学館は現在休館になっています。

テレコムセンター駅

駅名の由来となっているテレコムセンター(データを保管しておく建物やテレビ局、衛星通信の拠点が入っている)の最寄り駅です。おすすめスポットは、このテレコムセンターです。商業施設もあり、オフィスやデータセンターと言う側面以外の部分も楽しめます。

青海駅

ほーむからから観覧車が見えるのが印象的なゆりかもめ駅です。コンテナふ頭が近くにあり、大量のコンテナを目にする一方、おすすめスポットとして紹介したいのがパレットタウンです。ヴィーナスフォートをはじめとしたさまざまな商業施設や娯楽施設が集まり、一大観光スポットとしてお台場でも有数のエリアとなっています。

国際展示場正門駅

東京ビックサイトの真正面にある駅です。ゆりかもめの拠点でもあり、本社や車両基地が最寄にあります。東京ビックサイトをおすすめしたいのですが時期によりイベントが異なるので、東京都水の科学館をおすすめします。有明地区に水道水を供給する施設がある一角にある博物館で、アクアシアターなどの体験施設もあります。

有明駅

当初終着駅となっていましたが、豊洲駅までの延伸に伴って途中駅となった駅です。その経緯から、ゆりかもめ線の駅の中では比較的大きなサイズの駅となっています。おすすめスポットは、シンボルプロムナード公園です。様々なオブジェと東京港が望める長細い公園は、休憩をしたり散策をするのにおすすめです。

有明テニスの森駅

ゆりかもめ沿線でも有数の文教地区で、最寄りに大学や中高一貫校がいくつもある駅です。おすすめスポットは駅名にもある通り有明テニスの森公園です。広い公園で園内に有明コロシアムなどのイベント施設もあります。

市場前駅

東京有数の市場である豊洲市場の最寄り駅です。市場開業前は、23区に所在する駅の中で最も利用客数が少ない駅でしたが、市場開業に伴い増加しています。おすすめは文字通り豊洲市場(東京都中央卸売市場豊洲市場 )、陸橋のようなデッキから市場の様子を見学できるようになっています。

新豊洲駅

終点の豊洲近くにあるゆりかもめの駅です。晴海アイランドトリトンスクエアなどのオフィスが立ち並ぶオフィスエリアや多くのタワーマンションからも近い駅になっており、おすすめのスポットはチームスマイルの施設の一つ豊洲PITです。東日本大震災の復興を目的にライブ活動などを行う団体の施設で、ライブなどを楽しむことができます。

豊洲駅

ゆりかもめの終点です。東京メトロと連結しており、それを利用することで湾岸エリアを一周できるようになっています。近年大規模開発が進められており、東京の東エリアの注目スポットになりつつあります。おすすめスポットは、アーバンドック ららぽーと豊洲です。キッザニア東京や複合商業施設が入った施設です。また、ガスの科学館「がすてなーに」やセブンイレブンの日本一号店などもあります。